ここから本文です

医薬品・医療機器生産額、静岡県が9年連続全国1位

9/11(水) 7:29配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 静岡県は10日、2018年の静岡県の医薬品と医療機器の合計生産額が1兆308億円と2年連続で1兆円を超え、9年連続で都道府県別の全国1位になったと発表した。

 厚生労働省の統計に基づく本県の医薬品生産額は、昨年4月1日の薬価の引き下げに伴い、前年比99億円減の6721億円だった。医療機器は県内各企業の好調な業績を反映し、同75億円増の3587億円だった。いずれも全国1位。

 合計生産額の2位は栃木県の6674億円、3位は富山県の6277億円、4位は東京都の6131億円、5位は大阪府の5719億円。

 県薬事課は「高い品質の製品作りへの支援を通じて関連産業の発展を促進する」との方針を示し、製造業者対象の講習会の開催や、きめ細かい監視指導などを引き続き実施するとした。

静岡新聞社

最終更新:9/11(水) 7:29
@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事