ここから本文です

日韓関係悪化で来日客減少 宮崎空港でおもてなし歓迎セレモニー

9/11(水) 19:30配信

宮崎ニュースUMK

テレビ宮崎

日韓関係の悪化で、韓国からの来日客が減少しているなか、観光需要の回復につなげようと、宮崎空港で歓迎セレモニーが行われました。観光需要の回復を図るため、宮崎の魅力を伝えるパンフレットとチーズ饅頭などのお菓子を配布。韓国からの観光客を歓迎します。

11日午前、アシアナ航空の定期便を利用した67人が宮崎空港に到着。
県や空港関係者などが歓迎の横断幕を掲げ、ゴルフバックなどを持った韓国人観光客を歓迎しました。

(韓国からの観光客)
「宮崎はすごくいいですよ。皆様が優しくて正直で綺麗で、すごくいいですよ」
「日韓、できるだけ仲良くしたい。ほとんどの韓国人は、仲良くしたいと思ってますよ」

現在、宮崎にはアシアナ航空とイースター航空が就航していて、先月の利用客は3842人。去年の同じ時期の約半数にまで落ち込んでいます。
特に、団体客のキャンセルが相次いでいて、イースター航空は、今月16日~11月までの運休を決めるなど、日韓関係悪化による影響は宮崎にも出ています。
韓国では、12日から4連休で、この機会に宮崎のファンを増やしたい考えです。

(宮崎県総合政策部 井戸川武司さん)
「県民の皆様が温かく韓国の方を迎えいれて頂きまして、それを通じて韓国の方もまた宮崎に来たい、韓国に戻ってもお知り合いの方に宮崎の魅力を伝えてもらって、より多くの方に宮崎に来てもらいたいと思います」

県では、今後も地域間の交流を続けていきたいとしています。

テレビ宮崎

最終更新:9/11(水) 19:30
宮崎ニュースUMK

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事