ここから本文です

「次のアリババが明日始まる」「別の舞台で会おう!」ジャック・マー引退演説全文

9/11(水) 12:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

中国EC最大手のアリババは9月10日、創業20年の節目に企業のビジョンやミッションをまとめた「新六脈神剣」を発表した。

【全画像をみる】「次のアリババが明日始まる」「別の舞台で会おう!」ジャック・マー引退演説全文

「顧客第一、従業員第二、株主第三」「唯一変わらないものは変化」「今日の最も良い仕事は明日の最低限の要求」など、6つの短い文章からなる「新六脈神剣」は、ジャック・マー(馬雲)会長が引退を表明する少し前の2018年7月から1年以上をかけて、38人のアリババパートナーと467人の担当者が20回の修正を重ねて練り上げたという。

マー氏の後を引き継ぐダニエル・チャン(張勇)CEOは、「102年企業をつくるために、5年、10年、20年と同じ道を進める人を探さなければならない。だからこのビジョン策定に膨大な熱量を投じた」と説明した。

アリババは創業間もない2001年に企業の価値観を9の言葉に集約したビジョン「独孤九剣」を策定。2004年に「六脈神剣」にリニューアルした。15年ぶりとなる今回の改訂は、アリババを一からつくりあげ、そのカリスマ性で世界での存在感も高めたマー氏の引退に合わせたものだ。

そのマー氏は10日夜、杭州市内の体育館に集まった数万人の従業員を前に、会長としての最後の演説を行い、「世界を素晴らしいものにできる企業になってほしい」と語りかけた。

演説の全訳は以下──。

この日がこんなに早く来るとは思わなかった

この日が、こんなに早く来るとは思わなかったです。皆さまに感謝します、この偉大な都市(杭州)に感謝します。ここで存分に仕事ができ、楽しく遊べました。アリババが30周年を迎えるときには、世界をもっと素晴らしいものにできる企業であってほしい。

15年前、我々は制度を考え、多くの企業を訪ねました。多くは、企業を次世代につなぐことや、プロ経営者に引き継ぐ方法を採っていました。

アリババでは、文化や制度で企業の伝承を保証します。これは決して思い付きではありません。過去の20 年間、アリババ人は何も恐れませんでした。未来についても、恐れることはありません。

これから10年以上の経験を持つアリババ人を、年に1000人規模で社会に出してほしいです。アリババのようなパートナー伝承制度を取り入れたい企業は、最低でも10年間の準備が必要です。今日はジャック・マーの定年ではなく、制度としての伝承の始まりです。中国の企業家の友人たちに感謝します。そしてアリババ人の努力のおかげでここまでやってこれました。ありがとうございます。

1/3ページ

最終更新:9/11(水) 12:10
BUSINESS INSIDER JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事