ここから本文です

小禄にアクロスプラザ 3月開業へ、大賀薬局入居

9/11(水) 7:34配信

琉球新報

 大和ハウス工業の子会社大和情報サービス(東京都)は、那覇市鏡原の小禄ボウリング跡地近辺にショッピングセンター「アクロスプラザ小禄(仮称)」を開業する。ドラッグストア経営などの大賀薬局(福岡県)の入居が決まっているという。20年3月27日の開業を目指す。
 アクロスプラザ小禄の店舗面積は1389平方メートルで、24時間営業を予定する。大賀薬局以外の入居者は未定という。施設関係者らは9月17日、那覇市高良の小禄南公民館で、大規模小売店舗立地法の規定に基づく地元説明会を開催する。

 大和情報サービスのホームページによると、アクロスプラザは関連施設を含めて全国で110施設を展開する。食品や衣料、薬品、飲食関連の店舗が主なテナントとなっている。県内では17年7月、那覇市銘苅の国道330号沿いに「アクロスプラザ古島駅前」が開業した。

琉球新報社

最終更新:9/11(水) 7:34
琉球新報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事