ここから本文です

空気圧バルブを巡るWTO裁定で日本が韓国に勝訴~悪化する両国関係とは無縁

9/11(水) 12:10配信

ニッポン放送

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(9月11日放送)に数量政策学者の高橋洋一が出演。WTOが韓国のバルブ課税措置に是正勧告をしたニュースについて解説した。

日本製空気圧バルブへの高関税~WTOが韓国に是正を求める最終判断

世界貿易機関(WTO)の最終審に当たる上級委員会は10日、韓国が日本製の空気圧バルブに課している追加関税について、韓国の措置はWTOの協定違反だとして是正を求める判断を示した。一審の紛争処理小委員会に続き、日本の主張が認められた形で、事実上の日本の勝訴が確定した。

飯田)最終審に当たるということですが、空気圧バルブは半導体や自動車の生産ラインで使われているそうですね。

高橋)これは政府側の枠組みの話なので、不当廉売されていて、自国産業が窮地に陥るということを証明すればいいのですけれどね。

飯田)不当に日本のものが入って来て、安くなっていると。

高橋)これは価格調査をするときに、性能格差というものを調整しなくてはだめなのですよ。でも、なぜそういう話ができないのでしょう……。訴えるのだったら、そのくらいの話はできなければいけないと思います。それなりに合理性があれば認められるのですよ。だから韓国は、何も資料を出さなかったのかなと思いました。

飯田)韓国製と日本製は競合していないと日本政府は言っていて、それは性能が違うからだと主張していました。

高橋)同じ名前がついていても分野が違うし、そうなれば価格も関係ないし、競合しなければそもそも損害も与えていない、というロジックでしょうけれどね。損害を与えていると言うのならば、その証明をすればいいのです。

日韓関係の悪化とは無関係

飯田)こういうニュースが来ると、韓国と日本の間の貿易、安全保障にまつわる話なのかと思いきや、これは2015年からやっているのですね。

高橋)WTOのなかの話は、いろいろな国でいろいろな係争があるから、これは関係ないですよ。たまたまこういうタイミングで出てしまって、これでまた日本の人も喜ぶかもしれないけれど、本来は関係のない話なのです。

飯田)別に日韓関係云々ではない。よくそれを結び付けて、「だから経済的にも仲よくしなければならないではないか」と言う人もいます。

高橋)お互い合理的にするのは構わないと思いますが、いまはヒートアップし過ぎていますよね。私が本を出したときもヒートアップしましたが、ちょっと前に書いているので、冷静なのですよ。「断交なんてお互い得にならない」とかね。

飯田)経済の損得で分析すればわかることですね。

1/2ページ

最終更新:9/11(水) 12:22
ニッポン放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事