ここから本文です

サイズと価格は?新型「Apple Watch シリーズ5」を選ぶ際に注目すべき5つのこと

9/11(水) 20:00配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

9月11日午前2時から始まったApple Special Eventでは新型iPhoneのiPhone 11、iPhone 11 Proが登場。これにあわせて2015年から毎年Apple Watchの発表も恒例になった。

【全画像をみる】サイズと価格は?新型「Apple Watch シリーズ5」を選ぶ際に注目すべき5つのこと

第5世代のSeries5(シリーズ5)になったApple Watchは、過去の世代に比べて、もっとも「見た目でわかる変化」が少ないモデルだと感じる。

シリーズ4ユーザーの目線から、実機で注目すべき点をまとめた。

1. 待望の“常時点灯”。シリーズ4への対応は望み薄?

電車に乗りながら、打ち合わせをしながら目線を時計に移すと「画面真っ暗」。見たいときはちょっと手首を動かして画面を点灯させないとならない。これは多くのスマートウォッチが抱える、ちょっとしたストレスポイントだ。

Apple Watchは初めて、シリーズ5で常時点灯に対応した。これは拍手喝采して良い。

通常は60Hzの描画を、使っていないときは60分の1の1Hzの描画(書き換え)にとどめ、明度も下げてバッテリーを温存する。これによってシリーズ4と同じ18時間駆動(All-dayバッテリーライフとアップルは表現)を実現した。

アップルはこの常時表示を「LTPOディスプレイ」と新しいディスプレイドライバーなどによるものとしている。

実はLTPOディスプレイはシリーズ4でも採用している。とするとアップデートでいけるのでは……と一瞬考えてしまうが、シリーズ4にはこの新しいディスプレイドライバーの仕組みがない。発表の中でも、「新しいディスプレイ」であることを何度も強調している。

9月20日に配信される最新の「watchOS6」アップデートを適用したとしても、シリーズ4の画面は「使わないときは暗いまま」だろう。

2. 複雑になったシリーズ5の価格構成

また気になるのが価格だ。従来からApple Watchはアップル製品の中でもっとも製品ラインナップが複雑な商品だった。本体素材の違い、本体カラーの違い、ベルトの違いとさまざまあるからだ。

今回最上位の「Edition」がセラミックとチタンになったことで、価格構成はさらに複雑になった。

組み合わせるバンドによって購入金額は変わってくるが、参考までに全シリーズの最安購入価格を安価な順にまとめた。

1/2ページ

最終更新:9/12(木) 3:01
BUSINESS INSIDER JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事