ここから本文です

1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

9/11(水) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

【実録 芸能人はこうして干される】#2

 草創期の芸能界では、タレントの方が芸能事務所より力を持っており、タレントをよその事務所に引き抜かれたくないものだから、事務所はタレントの言いなり、ということもあったという。

 そんな状況に業を煮やした芸能事務所は団結してタレントの力を封じ込めようとした。1963年に設立された芸能事務所の業界団体「日本音楽事業者協会」には、そんな狙いもあった。

 音事協では加盟社間でのタレントの引き抜きを禁じ、独立を阻止することで過当競争を防いできたといわれる。音事協がその実力を見せつけたのは、森進一の独立騒動だった。

 79年、森はデビュー以来、13年所属した渡辺プロダクションから独立を果たした。「襟裳岬」以来、これといったヒットが出ずに焦っていた森は、「渡辺プロに問題があるのではないか?」という疑念を持っていたという。森の所属していた渡辺プロは、業界一の名門だったが、当時は新興の芸能事務所も勢力を伸ばし、渡辺プロの影響力は低下していた。そこで、森は「渡辺プロに自分を潰す力はない」と考えたのかもしれない。

 ところが、独立した森は、レコードを出せなくなり、テレビ出演も激減した。その理由は、渡辺プロ以外の芸能事務所も協調して“森潰し”に加わったためとされる。森の独立をあっさり認めると、雪崩現象が起きかねず、業界にとって死活問題となる。そこで音事協が業界の意思を体現して、テレビ局などに圧力を加えていたといわれている。

 森は、独立から半年後、ようやく独立後1作目のシングルをリリースでき、それなりにヒットした。

 だが、ここで新たな問題が発生した。森が他の歌手やタレントに対し、自分のように独立するよう、“そそのかした”といわれたのだ。当時、名前が取り沙汰されたのは、サンミュージック所属の都はるみや、芸映プロ所属の西城秀樹ら。音事協の総会では「あんな男はこの世界にいてもらいたくない」という声も上がった。

 この影響で、80年6月ごろより、芸能界に森との共演拒否の動きが広がり、森は再び窮地に立った。その直後、森と女優の大原麗子の結婚披露宴が開かれたが、騒動の余波で欠席者が相次ぎ、森のメンツは丸潰れとなった。

 仲人の自民党代議士、山中貞則は「私は独禁法の権威でありますが、仮に事業者団体が特定の者を排除しますと、独禁法が発動されることになる」と披露宴の席で挨拶したが、この時、結局、公取委は動かず、森は苦杯をなめたのだった。=つづく

(星野陽平/ジャーナリスト)

最終更新:9/11(水) 9:26
日刊ゲンダイDIGITAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事