ここから本文です

「iPhone 11 Pro」はなぜ“Pro”なのか。実機を触って考えた4つのこと

9/11(水) 20:00配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

2019年9月の新iPhoneで、アップルは初めて「Pro」という名称をiPhoneにつける。ラインナップが3つ、という点は2018年と変わりないが、名前が「Pro」となると、どうにも違った印象を持つ。

【全画像をみる】「iPhone 11 Pro」はなぜ“Pro”なのか。実機を触って考えた4つのこと

iPhone 11 Proはどの辺が「Pro」なのか? アメリカのアップル本社で行われた発表会と、その後の実機ハンズオンからわかったことをまとめてみよう。

実はバッテリー動作時間が「Pro」級だった

今年のiPhoneはカメラ機能の強化が目立つが、もうひとつの本質として、性能向上しつつ消費電力が下がっている、という点がある。非常に細かく、使っていないトランジスタへの電源供給をコントロールすることで、消費電力を大幅に下げることに成功している。

実のところ、「iPhone 11」と「iPhone 11 Pro」では、心臓部のプロセッサーに大きな違いはない。動作クロックやメモリー搭載量に違いがある可能性はあるが、あくまで同じ世代である「A13 Bionic」だ。単に「処理性能」でいえば、11とProの間に顕著な速度差が生まれるとは考えづらい。

だが、iPhone 11とiPhone 11 Proではバッテリー動作時間に大きな差が生まれている。

iPhone 11はXRに比べ1時間長くなって、ビデオ再生の場合で「17時間」動作するようになっている。11 ProはXSに比べ4時間伸びて「18時間」に、11 Pro MaxはXS Maxより5時間も伸びて「20時間」になった。

XS・XR世代ではXRがもっともバッテリー駆動時間が長かったのだが、今回はiPhone 11 Maxがもっとも長持ちする、という結果になる。この差は「Pro向け」と言ってもいいだろう。おそらく、ボディー構造の違いによるバッテリー搭載量の差と、ディスプレイの違いによるものだと考えられる。

実機をみないとわからないディスプレイの差

ディスプレイの差は、iPhone 11とProを分ける大きな違いだ。

といっても、iPhone 11の液晶ディスプレイは十分高品質で、ウェブを見たりSNSを見たり、といったことではあまり不便も不都合も感じないだろう。

もっとも大きな差が出るのは、HDR撮影された映像を見た時だ。iPhone 11で撮影した動画はもちろんだが、ネットフリックスや11月スタート予定の「Apple TV+」などで配信される「HDR対応映像」を見た時にも、大きな差を感じるのではないだろうか。

iPhone 11 Proのディスプレイはピーク輝度が1200nitsもあり、コントラスト感がかなり高い。HDR対応映像の色域やピーク輝度の高さから来るコントラストを活かした映像では、液晶とは一線を画した画質が楽しめるはずだ。

これも「Pro」要素と言える。映像制作のプロにも向いているし、映像にこだわりがある人向けでもある。

1/2ページ

最終更新:9/12(木) 6:01
BUSINESS INSIDER JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事