ここから本文です

iPhone 11 Proがキータァ! 3眼カメラで10万6800円から #AppleEvent

9/11(水) 3:21配信

ギズモード・ジャパン

ア”ア”ア”ア”ア”!

3眼カメラの、最強「iPhone 11 Pro」きました! スコープドッグという愛称が似合いそうな!

【全画像をみる】iPhone 11 Proがキータァ! 3眼カメラで10万6800円から #AppleEvent

カラーは、ミッドナイトグリーン、スペースグレイ、シルバー、ゴールド。

価格から

まず気になるお値段ですが、5.8インチのiPhone 11 Proは999ドル(日本価格・10万6800円)、6.5インチのiPhone 11 Pro Maxは1099ドル(日本価格・11万9800円)からスタート。iPhone XS系の価格据え置きですか。

カメラがすごい

外観的にもキャッチーな三眼カメラですが、13mm f2.4、26mm f1.8、52mm f2.0のレンズの組み合わせ。解像度はすべて1200万画素です。ライバル勢の中には4000万画素級もいますが、この解像度はバランスがいいってことなのかも。またAIを駆使した調整にもいいのかも。

キーノートで公開された画像の中には、マクロレンズで撮ったかのような、めっちゃ高精細なシーンもありましたから。

このカメラはシームレスにズームができます。3つのセンサーで常に情報を共有しているそうで、ズームしても色味も露出も変わらず。ほう。これは本当に4倍光学ズームとして使えますな。

またインカメラ含めて、4カメラで同時に撮影できちゃうってのもスゲー。この機能をバックアップしているのがA13バイオニックの存在みたい。単体でマシンラーニングできるほど、1秒で1兆回の計算ができるほどの処理能力があると聞いても「ほー」としか思えなかったけど、こんなアクロバティックなことができるってのはスゲー。

動画も含め、暗部のスッキリさもお見事です。ノイズリダクションのためにシャッターを押す前から複数回の撮影を行ない、低ノイズな写真・動画が撮れるようにチューニングされるみたい。

防水で最高のカメラ?

防水力もアップしたのか、水をバッシャバッシャかけているシーンもありました。ふーむ。これはどんな状況でも撮影できる、最強で最高のコンデジになると言えるかもしれません。

ディスプレイは新しい有機ELのSuper Retina XDRとなりました。コントラスト比2000000:1は特別広いわけではありませんが、色鮮やかな映像が見られるのはいいことですなあ。

何気にグーなのが、急速充電対応のACチャージャーが付属することでしょうか。ただコネクタの話はなかったので、Lightningのママなんでしょうね。

iPhone 11 Pro/Pro Maxのスペック/発売日まとめ
価格(税別):11 Pro 10万6800円/12万2800円/14万4800円11 Pro Max 11万9800円/13万5800円/15万7800円

予約開始:9月13日午後9時から

発売日:9月20日

ストレージ容量:64GB/256GB/512GB

ディスプレイ:11 Pro 5.8インチ(2436×1125ピクセル)有機EL11 Pro Max 6.5インチ(2688×1242ピクセル)有機EL

SoC(チップ):A13

カメラ:メイン 広角12MP(f2.45)+超広角12MP(f1.8)+望遠12MP(f2.0)フロント 12MP(f2.2)

防水防塵性能:IP68

カラーバリエーション:スペースグレイ/シルバー/ミッドナイトグリーン/ゴールド

Source:
Apple

武者良太

最終更新:9/11(水) 5:21
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事