ここから本文です

リッジマンは蛯名騎手で京都大賞典を視野

9/11(水) 19:34配信

netkeiba.com

 4月28日の天皇賞・春(GI・京都芝3200m)で8着のリッジマン(牡6、栗東・庄野靖志厩舎)は、引き続き蛯名正義騎手とのコンビで、10月6日に行われる京都大賞典(GII・京都芝2400m)を視野に入れていることがわかった。

【写真】リッジマンこれまでの軌跡

 リッジマンは父スウェプトオーヴァーボード、母アドマイヤモンロー、その父Caerleonという血統。通算成績は28戦6勝で、昨年のステイヤーズSを制したほか、同年のダイヤモンドSで2着などの実績がある。

 鞍上の蛯名騎手が京都大賞典に騎乗するのは、1995年ステージチャンプ、2015年カレンミロティックに続き、今回が3度目となる。

最終更新:9/11(水) 19:34
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事