ここから本文です

「東京五輪『旭日旗』の応援は絶対いけない」…徐敬徳氏、IOCに訴え

9/11(水) 10:18配信

中央日報日本語版

韓国の徐敬徳(ソ・ギョンドク)誠信(ソンシン)女子大学校教授は11日、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ委員長をはじめ205カ国のIOC委員に「来年の東京オリンピック(五輪)で旭日旗の応援は絶対してはいけない」という内容の電子メールを送ったと明らかにした。東京オリンピック組織委員会が、最近、旭日旗の応援を許可したことに伴うものだ。

徐教授は電子メールで「日本の『旭日旗』は過去のナチスの『ハーケンクロイツ』のような『戦犯旗』」とし、旭日旗使用の問題点を一つ一つ挙げた。旭日旗がどのような旗なのかに対する映像も共に添付した。「オリンピック憲章第50条第2項ではいかなる種類のデモンストレーションや政治的行為も認められない」という点も強調した。

徐教授は「1年後に迫った東京五輪での旭日旗の応援は必ず防がなければならない」とし「そうするためには旭日旗に対して同じ痛みを有している多くのアジア諸国のネットユーザーと共助をしていくことが重要だ」と主張した。

続いて「万が一世界の人々の反対を押し切って東京五輪での旭日旗応援を日本側が強行するなら、世界的な論争にして『旭日旗』が『ナチス旗』のような『戦犯旗』であることを全世界に広く知らしめる良い機会にしなければならない」と強調した。

最終更新:9/11(水) 10:18
中央日報日本語版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事