ここから本文です

貴景勝“四つ相撲殺し”で朝乃山撃破 低身長&短足の本領発揮

9/11(水) 12:00配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 天性の“武器”と言っても過言じゃない。

 初日から3連勝と波に乗る貴景勝(23)。10日は朝乃山(25)をはたき込みで下した。

「差されたり、(まわしを)取られたら負ける。まわしを取られないようにした」

 と貴景勝が支度部屋で振り返ったように、朝乃山にまわしを与えなかった。朝乃山の本領は四つ相撲。横綱白鵬からも、「自分の後継者になれる」と評価されている力士だ。

 貴景勝は押し相撲専門。四つ相撲への対策は以前からの課題でもある。たとえば、同じく押し相撲の横綱北勝海(現八角理事長)は、まわしにかかった相手の手を切ることに長けていた。もちろん、そもそもまわしを与えないに越したことはない。当然、口で言うほど簡単ではないが、ある親方は「貴景勝なら、今後もそれができるかもしれない」と、こう話す。

「なぜかといえば、足が短いからです。これは悪口でも誹謗中傷でもない、純然たる事実。貴景勝は175センチと他の力士に比べて身長が低い。その上、足まで短いとなれば、まわしの位置も相当低いということです。上背のある四つ相撲の力士はまわしを取りにくいこと、この上ないでしょう。何とかまわしに手を伸ばしても、低い体勢から角界でもトップクラスの圧力でガンガン押してくるので、上体を起こされてしまう。この日の朝乃山が、まさにそうだった」

 朝乃山はまわしに左手を伸ばしながら、指がかからなかった。本人は「(相手の)太ももに手が当たった」と証言。貴景勝が立ち合いで右足を踏み出したことで、ただでさえ取りにくいまわしに手がかからなかったのだ。

 5月場所に痛めた右ヒザも、今のところは問題なし。今場所2ケタ勝利なら大関復帰がかなう。それどころか、順調なら優勝争いに加わってもおかしくない。

 短駆も捨てたもんじゃないということだ。

最終更新:9/11(水) 12:00
日刊ゲンダイDIGITAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事