ここから本文です

デンソーとブラックベリー、統合コックピット「Harmony Core」を共同開発 新型 レガシィ に採用

9/11(水) 18:09配信

レスポンス

デンソーとカナダの通信機器メーカー ブラックベリーは、複数のHMI製品を連携させた統合コックピットシステム「Harmony Core」を共同開発。今秋から米国で発売されるSUBARU(スバル)の新型『レガシィ/アウトバック』に搭載される。

[関連写真]

近年、カメラやセンサーを用いた高度運転支援機能や、スマートフォンと車を連携させたエンターテインメント機能などにより、車がドライバーに伝える情報量は格段に増えている。そのため、車室内にはメーターやナビゲーションなど複数のHMI製品が搭載され、それぞれの特性に合わせた個別のソフト(OS)とマイクロコンピューターが必要とされている。

今回開発したHarmony Coreは、ブラックベリーの仮想化技術「QNXハイパーバイザー」を世界で初めて車載し、統合コックピットシステムへ応用。メーター、車載マルチメディア、HUD等、複数のHMI製品が持つ、特性の異なる基本OSを、ハイパーバイザーによって一つのマイクロコンピューター上で作動。製品同士の表示や音を調整し、車両周辺や運転手の状況に応じて注意喚起や警告を分かりやすくディスプレイや音で通知することで、ドライバーの利便性を向上させている。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:9/11(水) 18:09
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事