ここから本文です

DeNA・ラミレス監督、痛恨の敗戦で5連敗 自力Vまた消滅…3位・広島と0差

9/11(水) 9:00配信

デイリースポーツ

 「DeNA2-4巨人」(10日、横浜スタジアム)

 負けられない一戦で、DeNAが痛恨の敗戦を喫した。4ゲーム差で追う首位・巨人との直接対決で逆転負け。自力優勝の可能性が再び消滅し、巨人に優勝マジック9が再点灯した。ラミレス監督は「打たないと野球は勝てない。そこが敗因かなと思う」とソロ2本の2点のみに終わった打線を嘆いた。

【写真】梶谷がスーパーキャッチ 勝利への思い伝わったが…

 好機を逸し、流れを失った。二回1死一、三塁の先制機、1点リードの四回無死一、二塁を得点に結び付けられなかった。「積極的にファーストストライクから、という姿勢を出して振ることをしないと打つことはできない」。重圧がかかる最終盤の戦い。強い積極性を求めた。

 今季4度目の5連敗。3位・広島にはゲーム差なしに詰められた。それでも朗報はある。左手有鉤(ゆうこう)骨を骨折し離脱していた宮崎が、この日のイースタン・西武戦で復帰し、一発を放った。早ければ11日にも昇格の見込みで「遅かれ早かれ、近いうちには1軍に戻ってくると思う」と指揮官。残り12試合。「明日勝てば、また勢いもつく」。まだまだ、あきらめてはいない。

最終更新:9/11(水) 9:11
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事