ここから本文です

iPhoneのカメラがPixelを超えたかも #AppleEvent

9/11(水) 8:31配信

ギズモード・ジャパン

面白くなってきた。

2019年9月11日の深夜2時~から行なわれたApple Special Eventにて、新しいiPhone 11シリーズが発表されました。なかでもiPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxに搭載されているトリプルカメラの「Pro感」はかなりグッと来ましたよね。

【全画像をみる】iPhoneのカメラがPixelを超えたかも #AppleEvent

でも僕が注目したのは、HDR機能が強化されたところ。これは普及機のiPhone 11でも使える機能ですし、スマホカメラ界で独自の存在感を放つPixelに追いついたかもしれないところでもあり、Pixel 3ユーザーの僕からすれば「うぉー、超えていったー!」と思った場面でもあります。

Pixelの長所をiPhoneが手に入れた

まずPixelがすごいと言われていたのは、「コンピュテーショナル・フォトグラフィー」の申し子であったところです。リアカメラがたった1つでありながら、スマホ界屈指の撮影能力を実現したソフトウェアの威力。それを存分に発揮してデュアル・トリプルカメラのスマホと戦ってきたのですが、超解像ズームは光学ズームに劣りますし、さらに広角撮影にいたってはソフトウェアでどうこうできる事でもないのでそもそも不可でした。

なのでPixelがiPhoneと比べて優れていたのは、主にソフトウェアで実現していた機能です。たとえば明暗とディテールを重ね合わせる「HDR+」、暗い写真を重ねて暗所撮影を可能にした「夜景モード」、そして人物を認識して顔を明るくする「合成デイライトシンクロ」などといった感じ。

でもそれらを今日、iPhoneが手にしました(一部はアップデートであとから配信)。

Pixelにない長所もiPhoneは手に入れた

しかもiPhone 11はPixelにはない広角レンズもあって、光学望遠レンズもあって、トップクラスだった動画撮影がさらに進化し、加えてiPhone初のトリプルカメラはかなり完成度が高そうと来ます。もはやスマホカメラ界に存在する機能群でiPhoneに無いものといえば、若干使いどころで悩む5倍以上のズームや近距離マクロ撮影くらい(あるに越したことはないけども!)。

もし静画撮影が本当にPixel並かそれ以上で動画撮影が引き続きトップクラスだとすれば、「Pro」の名はダテではないですよね。標準でiOSに搭載されているPhotosアプリで動画の編集もかなり充実していますし、今年はカメラとしてのiPhoneがひとつの完成形に至った気がします。Pixelがリードしていたソフトウェアの力をAppleが手にした事でここまで驚異的なモバイルカメラが出来上がるとは!

でもだからこそ、僕はPixel 4に期待を寄せてしまうんですけどね。新たなる境地を見せてくれ!

西谷茂リチャード

最終更新:9/11(水) 11:21
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事