ここから本文です

【WWE】KUSHIDAが「205 Live」初登場 ケンドリックに鮮やか勝利

9/11(水) 18:12配信

東スポWeb

 WWEのクルーザー級番組「205 Live」が10日(日本時間11日)放送され、NXTに所属していた元新日本プロレスのKUSHIDA(36)が電撃的に初登場を果たした。

 戸澤陽(34)、ブライアン・ケンドリック(40)の元WWEクルーザー級王者コンビと対戦する予定だった英国紳士のジャック・ギャラハー(29)が登場すると「ミーが探してきたパートナーを紹介しよう。ユーたち、後悔しちゃいなよ」と、妙に胸を張ると、その後にKUSHIDAが登場。場内は大歓声に包まれた。

 KUSHIDAは目まぐるしい関節の攻防を制すると、ケンドリックに完璧なアームバーを決める。ここでギャラハーが「OK。ここから先はミーに任せてくれ」としゃしゃり出てくるも、アッサリと戸澤とケンドリックの連係に捕獲されてしまい、大ピンチを迎えた。

 何とか代わったKUSHIDAは戸澤にハンドスプリングエルボー、ケンドリックにDDTからのアームバーで反撃。しかしケンドリックにキャプテン・フック(変型フェースロック)を決められた際、ギャラハーが戸澤のランニングセントーンを被弾して孤立してしまう。

 それでもKUSHIDAは奮闘して戸澤とケンドリックの誤爆を誘導する。最後はマサヒロ・タナカ(ナックルパート)を戸澤に一撃。すぐさまケンドリックをホバーボードロックでタップさせて鮮やかな勝利を奪った。

 今後は「205」を主戦場とする模様。新天地でのKUSHIDAの活躍に期待が高まってきた。

最終更新:9/11(水) 18:14
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事