ここから本文です

記憶や歴史を山車にして練り歩く、F/T19セノ派「移動祝祭商店街」

9/11(水) 13:18配信

ステージナタリー

セノ派「移動祝祭商店街」が10月5・6日に東京都 豊島区で実施される。

「移動祝祭商店街」は、10月から11月にかけて開催される「フェスティバル/トーキョー19」のオープニング作品。本作を機に結成された舞台美術家コレクティブ・セノ派の面々が、豊島区内の3つの商店街をリサーチし、街の記憶や歴史をもとに山車を作り、練り歩く。

【動画】セノ派『移動祝祭商店街』アーティストコメント(メディアギャラリー他2件)

セノ派の杉山至、坂本遼、佐々木文美、中村友美は、それぞれ4つのエリアのパフォーマンスデザインを担当。「第1部 みちゆき」「第2部 まちまち」の2部構成で、いずれも参加は無料、予約不要となっている。

■ セノ派「移動祝祭商店街」
2019年10月5日(土)・6日(日)
東京都 豊島区内商店街(第1部)、トランパル大塚(第2部)

パフォーマンスデザイン:セノ派(舞台芸術家コレクティブ)

■ 「フェスティバル/トーキョー19」
2019年10月5日(土)~11月10日(日)
東京都 東京芸術劇場、あうるすぽっと、シアターグリーン ほか

最終更新:9/11(水) 13:18
ステージナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事