ここから本文です

Mozilla、復活「Test Pilot」でプライバシー保護拡張機能「Firefox Private Network」のβ版公開

9/11(水) 11:14配信

ITmedia NEWS

 米Mozillaは9月10日(現地時間)、正式公開前の機能をユーザーにテストしてもらう「Test Pilot」プログラムで、新たな拡張機能「Firefox Private Network」のβ版を公開した。まずは米国でのみの公開で、対処はデスクトップ版Firefoxだけだ。

拡張機能が有効だと緑のチェックマークが表示される

 Firefox Private Networkは、Webへのアクセスのために安全で暗号化されたパスを提供する拡張機能。機能的にはVPNのようだが、主な目的は、カフェや空港などの無料Wi-Fiを使う際、暗号化により個人情報を守ることだ。

 Mozillaは、米CDN大手のCloudflareと協力し、Firefox Private Networkでの接続にCloudflareのプロキシサーバを利用する。Mozillaは「強力なプライバシー管理により、収集するデータと保持期間が制限される」としている。

 利用するには、専用サイトからFirefox Private Network拡張機能をデスクトップ版Firefoxに追加し、Firefoxアカウントでログインする。Firefox Private Networkに緑のチェックマークが付いている間は、この機能を使っている。

 Mozillaは、βリリースの段階では無料で提供すると言っており、公式版は有料になるとみられる。Mozillaは昨年10月、月額制のVPNサービス「Mozilla ProtonVPN」のテストを米国で開始した。こちらは月額10ドルだ。

 Test Pilotプログラムは、2016年立ち上げの、Firefoxの未公開機能のテストプログラムだが、今年の1月に一旦終了した。新生Test Pilotは、Firefox以外の製品も含まれる可能性があり、また、一般公開直前の、かなり安定した機能が対象であることが旧バージョンとの違いだ。

ITmedia NEWS

最終更新:9/11(水) 11:14
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事