ここから本文です

アラーム気付かず、心臓病患者が死亡 病院が遺族に謝罪

9/11(水) 19:20配信

朝日新聞デジタル

 岐阜大病院は11日、70代の男性患者が手術後の病室で心臓に異常が生じた際、それを知らせるアラームに看護師が気づかずに心肺蘇生が遅れ、死亡に至ったと発表した。病院は、手術後の経過観察が不適切だったとして遺族に謝罪した。

 病院の説明と事故後に設置された医療事故調査委員会の報告書によると、男性は急性心筋梗塞(こうそく)で手術を受けた3カ月後の2018年10月、冠動脈が狭くなったため再度手術を受けた。

 男性は心臓などに異常があった場合にアラームで知らせる「生体情報モニター」を装着。手術当日の夕方、看護師らが待機するスタッフステーションで異常を知らせるアラームが鳴ったが、勤務中の看護師は患者の見回りなどで不在。勤務を終えた看護師も「誰かが対応している」と思い込んでいたため対応が遅れ、心肺蘇生を開始したのはアラームが鳴り始めてから24分後になったという。男性は翌日に死亡した。

 男性は手術後に病室にいた際、心臓に致死性不整脈が発生したとみられる。

 吉田和弘病院長は「再発防止策を着実に実施するよう全ての職員が一丸となって全力で努める」と話した。

朝日新聞社

最終更新:9/12(木) 12:59
朝日新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事