ここから本文です

松尾スズキが包帯姿でモニタチェック、意欲作「108」に「妥協してなるものか」

9/11(水) 18:00配信

映画ナタリー

松尾スズキが監督・脚本・主演を担当した「108~海馬五郎の復讐と冒険~」のメイキング写真が公開された。

【動画】「108~海馬五郎の復讐と冒険~」予告編(メディアギャラリー他14件)

本作はSNSで妻の浮気を知って激怒した脚本家・海馬五郎が、投稿についた「いいね!」の数だけ女を抱き、たった1カ月で資産1000万円を使い切る復讐計画に挑む愛憎劇だ。公開された写真には、栗原類演じる息子に殴られ、頭に包帯を巻いた状態でモニタチェックを行う松尾の姿が。制作スタッフは松尾について「現場を和やかな雰囲気にし、数秒前まで裸で演技していたかと思えば、すぐにモニタでチェックを行い、モードを切り替えできていたのがすごい」と語っている。

自身の裸を映すシーンにおいてもモニタチェックは必要であり、松尾は「どうせすぐに裸になるのであまり意味はないのですが、監督としての威厳を保つためにチェックの時は一応バスローブを着てました(笑)」と振り返る。過激なシーンも満載のR18+指定作品に挑んだ松尾は「これは絶対におもしろいっていう確信があったので、妥協してなるものかという気持ちでした」と話した。

「108~海馬五郎の復讐と冒険~」は、10月25日より東京・TOHOシネマズ 日比谷ほか全国でロードショー。松尾と栗原のほか、中山美穂、大東駿介、土居志央梨、LiLiCo、岩井秀人、酒井若菜、坂井真紀、秋山菜津子らがキャストに名を連ねる。

※「108~海馬五郎の復讐と冒険~」はR18+指定作品



(c)2019「108~海馬五郎の復讐と冒険~」製作委員会

最終更新:9/11(水) 18:00
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事