ここから本文です

巨人桜井 ソトに2被弾「同じ打者に打たれてしまったことが反省点」

9/11(水) 19:42配信

デイリースポーツ

 「DeNA-巨人」(11日、横浜スタジアム)

 巨人の桜井俊貴投手が4回6安打5失点で降板した。

【写真】険しい表情の桜井

 二回にソトにスコアボード直撃の特大ソロを被弾。三回には佐野の適時打、筒香の適時打、ソトに2打席連続の2ランを打たれ、一挙4点を失った。

 中5日でのマウンドだったが、期待にはこたえられず。五回に代打を送られて交代となり、桜井はベンチで厳しい表情を浮かべた。 ソトには今季通算で8打数4安打3被弾と苦戦。降板後「長いイニングを投げたかったが、早いイニングで降板してしまい申し訳ない。悔しいです。三回のビッグイニングが全て。一発を警戒していなかったわけではないが、同じ打者(ソト)に打たれてしまったことが反省点です」とコメント。

 また、原監督は五回の攻撃で炭谷にも代打・大城を送り、バッテリーが同時に交代となった。

最終更新:9/11(水) 20:58
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事