ここから本文です

【広島】クレート通訳、今月下旬に再帰国…バティの去就には寂しげな表情

9/11(水) 18:44配信

スポーツ報知

 “カタコト通訳”でおなじみ「クーちゃん」こと広島のヘンディ・クレート通訳(35)が11日、今月下旬にドミニカ共和国へ帰国すると明らかにした。4月にフアン・フェリシアーノ通訳(39)と入れ替わる形で帰国していたが、7月に再来日。しかし今月18日に夫人が第3子を出産予定のため、再び“育児休暇”を取るという。代わりにフェリシアーノ通訳が再来日する。

 長男・ジョルダン君(7)、次男・ハシエル君(2)に続き、3人目も男の子で「名前はホシアスに決めました。聖書に出てくる王様(ユダ王=ヨシア)から取りました」と説明。「女の子が欲しいかって? いや、僕の奥さん、4人目はしんどい、要らないと言っている」と大まじめに打ち明けた。

 9日には、10日に帰国したサビエル・バティスタ外野手(27)とともに、荷物を母国に郵送する手続きを行った。だが特段、別れを名残惜しむこともなかった。「だっていつでも(スマートフォンで)連絡できるから」と名物通訳。それでも「来年は日本に帰ってくるか」の問いに「契約を決めるのはチームだから…」とポツリ。アンチ・ドーピング規定違反に対する制裁として来年3月2日まで6か月間の出場停止処分を受けた同胞の去就になると、少し寂しげな表情を見せた。

最終更新:9/12(木) 17:17
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事