ここから本文です

Amazon、「置き配」を標準にする実証実験。再配達率や紛失を検証

9/11(水) 19:00配信

Impress Watch

Amazonは、注文時の配送オプション「置き配指定サービス」の利便性向上のため、国内初となる「置き配を標準の配送方法」とした実証実験を開始する。岐阜県多治見市において10月~11月の約1カ月間、Amazon購入商品を多治見市内の住所に届ける場合、「置き配指定サービス」を標準の配送方法とし、在宅・不在に関わらず、指定の場所に商品を届ける。

【この記事に関する別の画像を見る】

なお、置き配を希望しない場合は、対面での受け取りも選択できる。

Amazonは、この実証実験により、配送効率の変化(再配達率等)、毀損や紛失のデータ、対面での商品の受け取りを選択した人に関するデータの集計を行ない、実証実験期間の前後で、利用者に顧客調査を実施する。

Amazonの置き配指定サービスは、「玄関」「宅配ボックス」「ガスメーターボックス」「自転車のかご」「車庫」「建物内受付/管理人」のいずれかを選べる。置き配が完了すると、ドライバーは専用のタブレットを使って、商品を配達した場所の写真を撮影。利用者は、配達完了のメールやアマゾンの配達状況確認ページで確認できる。

6月から、置き配指定サービスの実施エリアを拡大しており、現在は東京都23区、愛知県名古屋市、大阪府茨木市、高槻市など大都市圏でサービスを提供している。

Impress Watch,臼田勤哉

最終更新:9/11(水) 21:37
Impress Watch

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事