ここから本文です

京都・東本願寺にレッドカーペットが登場! 異例の野外イベントに北村匠海「汗が止まらんのよ」

9/11(水) 23:02配信

スポーツ報知

 4人組ダンスロックバンド「DISH//」の北村匠海(21)が11日、俳優の松坂桃李(30)、女優の浜辺美波(19)とともに、声優を務めた映画「HELLO WORLD」(20日公開・伊藤智彦監督)の舞台である京都でのプレミア試写会に出席した。3人は雨が降る中、東本願寺前に設けられた全長110メートルのレッドカーペットに和装姿で登場。集まった1500人のファンからの歓声を浴びながら、時折北村の持つ自撮り棒で写真を撮りつつ、かみしめるようにゆっくりと歩を進めた。劇中にも登場する京都タワーをバックに写真撮影が行われた後には、集まった観客にも写真撮影が許されるサービスタイムも。その後はさらに雨が強まる中、東本願寺の御影堂門前でのトークショー、そして野外での試写会が行われた。

 京都に暮らす主人公・堅書直実の声を担当した北村は、劇中でも登場する東本願寺での初の映画イベントに「よくぞ待っててくださいました。雨の中待っててくださったおかげで、今日この歴史に残る大きなイベントができました。本当にありがとうございます」と元気にあいさつ。その直実の10年後を演じた松坂も「この天気の中、来てくださってありがとうございます。マスコミの皆様もありがとうございます。今日帰ったらすぐシャワーを浴びてください。風邪を引いたら元も子もないので、健康第一で!」と呼びかけた。

 東本願寺前の道を封鎖して作られたレッドカーペットについて北村は「この映画の門出として、ふさわしい1日になったと思います」と力を込め、「もう何よりもすごく雨降っています。皆さん雨大丈夫ですか? 寒くないですか? 待っていてくださる皆さんがいるからこそ、イベントは成り立つものですから、感謝の気持ちでいっぱいです」とファンを気遣う一面も見せた。松坂も「とんでもないことをやってのけるなと思いました。皆さんと直接ふれ合える機会は貴重なので、すごく興奮しております」と話し、司会者から集まったファンも喜んでいたことを伝えられると「熱気がすごくて、匠海くんの汗が止まらないんだけど(笑い)」と隣の北村をチラリ。レッドカーペットの最中にスタッフから渡されたハンカチで、たびたび額の汗をぬぐっていた北村は「汗が止まらんのよ! 皆さんの熱気だと思います」と答え、劇中同様息ぴったりな掛け合いを見せた。

 カラフルな着物に身を包んだ浜辺も「東本願寺でレッドカーペット敷いてもいいんだ!って。すごく贅沢なイベントだなと、すごく力になりました」と笑顔いっぱいに話した。

最終更新:9/12(木) 11:00
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事