ここから本文です

貴景勝、自賛「自分の攻めが上回れた」大関復帰へ友風を圧倒4連勝

9/12(木) 6:12配信

スポーツ報知

◆大相撲秋場所4日目 ○貴景勝(押し出し)友風●(11日・両国国技館)

 一人横綱の鶴竜が、関取最重量224キロの幕内・逸ノ城を肩透かしで転がして無敗を守った。8月の世界柔道男子73キロ級で金メダルに輝いた大野将平(27)=旭化成=が観戦。3年前からお互いを刺激し合うトップアスリートの目の前で番付最高位の強さを見せつけ、自身2度目の2場所連続Vへ調子を上げてきた。1場所での大関返り咲きを目指す関脇・貴景勝、平幕の隠岐の海も初日から4連勝とした。

 10勝以上での大関復帰を目指す貴景勝が友風を押し出しで下し、初日から4連勝とした。立ち合いを低く当たり突き押しで前進。相手に何もさせず圧倒し「今日は自分の攻めが上回れたと思う」と自画自賛した。

 今場所での大関復帰に一歩前進。10勝ノルマにも「(精神的に)追いやられるという気持ちはない」と自然体。初優勝した昨年11月の九州場所以来の初日から4連勝で、横綱・鶴竜、平幕・隠岐の海と全勝で並ぶ。初日に横綱・白鵬を破った北勝富士との5日目の対戦に向け「気持ちを作っていく」と語った。

最終更新:9/13(金) 18:44
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事