ここから本文です

【ローズS】モアナアネラは母子制覇に挑戦 JRA・GI馬を母に持つ馬が3頭登録

9/11(水) 22:15配信

サンケイスポーツ

 今年の口ーズSには、JRA・GI馬を母に持つ馬が3頭登録している。フローラS勝ち馬ウィクトーリア(美浦・小島茂之厩舎)の母は、2008年の秋華賞馬ブラックエンブレム。ブラックエンブレムはトライアルの口ーズSでは15着に敗れたが、本番の秋華賞で巻き返してGIタイトルを手にした。ウィクトーリアは、オークス4着以来の出走となるが、母が敗れた口ーズSを制して本番に向かうことができるだろうか。なお、同馬には戸崎圭太騎手が騎乗する予定。

 また、GI3勝馬スイープトウショウを母に持つスイープセレリタス(美浦・藤沢和雄厩舎)、2012年の牝馬三冠馬ジェンティルドンナを母に持つモアナアネラ(栗東・石坂正厩舎)は、今回が重賞初挑戦となる。ジェンティルドンナは2012年に口ーズSを制しており、モアナアネラには同レースの母子制覇がかかるが、偉大な母に一歩近づく重賞制覇を遂げることができるだろうか。Vなら、石坂正調教師は史上25人目のJRA重賞通算50勝となる。なお、モアナアネラには北村友一騎手が騎乗する予定。

最終更新:9/11(水) 22:15
サンケイスポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事