ここから本文です

SNSを正しく楽しく使おう 潮岬中で情報モラル教室

9/11(水) 16:45配信

紀伊民報

 和歌山県串本町潮岬中学校で9日、「情報モラル教室」があり、全校生徒50人が会員制交流サイト(SNS)の正しい活用法などについて学んだ。

 LINEオフィシャルインストラクターの高崎真里美さんが講師を務め、「インターネットを使うときに気をつけること、考えること~楽しいコミュニケーションを考えよう」をテーマにクイズや質問を交えて講演した。

 高崎さんは、人それぞれ相手に言われて嫌な言葉は違い、自分にとってうれしい言葉でも相手には不快感を与えてしまうことがあると説明。文字を補うためにスタンプを使っても、スタンプの感じ方も人それぞれ違うと述べ、相手を思いやり、上手に楽しくSNSを使ってほしいと呼び掛けた。

 ネットの特徴として、公開される▽記録される▽拡散される▽誰かが分かる―の4点を挙げ、ネットに上げた写真は消すことができず、ニックネームを使っていても専門家が調べるとすぐに誰かが分かると注意を促した。

紀伊民報

最終更新:9/11(水) 16:45
紀伊民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事