ここから本文です

【映像】小型機が米飛行場建物に墜落 搭乗員は負傷も死者はなし

9/11(水) 12:11配信

AP通信

マリコパ、アリゾナ州、9月11日(AP)― 米南西部アリゾナ州フェニックス近郊の飛行場の建物に9月10日朝、軽飛行機が墜落、乗っていた2人が負傷したが、建物内にいた1人にケガはなかった。
 米連邦航空局(FAA)によると、墜落したのは単発小型飛行機エルコ415-Cで、フェニックスの南東71キロのピナル郡にある私営飛行場から離陸直後、飛行場の建物に墜落した。
 事故機は、マリコパにある飛行クラブに登録されており、搭乗していた2人は教官と生徒とみられ、地元の病院に搬送されて治療を受けているが、命に別条はないという。
 事故発生当時、建物内には空港関係者が1人いたが、ケガはなかった。
 FAAと国家運輸安全委員会(NTSB)が墜落の原因調査を開始したが、通常この手の事故原因調査は1年以上かかるといわれている。

(日本語翻訳 アフロ)

最終更新:9/11(水) 12:11
AP通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事