ここから本文です

【インド】マヒンドラ、160億円の設備投資を延期

9/11(水) 9:04配信

INDO WATCHER ビジネスプレミアム

 自動車インド大手マヒンドラ・アンド・マヒンドラ(M&M)は5日、100億ルピー(約160億円)の設備投資計画を1年先送りすることを明らかにした。同日付PTI通信が報じている。

 パワン・ゴエンカ社長は報道関係者に対し、「自動車とトラクター向けの設備投資のうち10%を延期することになるだろう。金額にして80億~100億ルピー(約130億~160億円)だ」と発言。製品開発用の投資は継続するものの、生産能力の増強や保守などへの投資を延期したことを明かし、「今後2~3年で必要としていた生産規模が小さくなった」と説明した。

最終更新:9/11(水) 9:04
INDO WATCHER ビジネスプレミアム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事