ここから本文です

大きさにびっくり 色とりどりの巨大カボチャ 岡山・高梁市で重さ競う大会

9/11(水) 12:44配信

KSB瀬戸内海放送

 岡山県高梁市でカボチャの重さを競う大会が開かれ、色とりどりの巨大カボチャが会場に並びました。

 カボチャの重さ日本一を決める「どでカボチャ大会」は、香川県の小豆島で1987年から毎年行われています。

 岡山県では県の予選大会として初めて開かれたもので、今回は17個がエントリーしました。オレンジや白の巨大なカボチャが並び、訪れた人はその大きさに驚いていました。

(訪れた人はー)
「大きい!」
「カボチャでっかいの作れるもんやなぁ」

 手では持ち上げられないカボチャをフォークリフトではかりに載せて計測します。

 今大会は、おととし全国2位の重さのカボチャを育てた川上弘さんが優勝しましたが、重さは238キロで全国大会に出場するための400キロには届きませんでした。

最終更新:9/11(水) 12:44
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事