ここから本文です

女性の価値はやっぱり“顔”だと思う? 街のリアルな声は…

9/11(水) 19:11配信

TOKYO FM+

テーマ「女は顔じゃないヨ」

東京の声とシンクロするTOKYO FMの番組「シンクロのシティ」。ボイス収集隊が東京の街に繰り出し、さまざまな人々に声をかけ、ひとつのテーマについてその人の意見や思いを聞き出します。その声を聴き、リスナーとともに考えるのはパーソナリティの堀内貴之。9月3日(火)放送のテーマは「女は顔じゃないヨ」でした。
「男は顔じゃない」というのはよく聞く言葉。ですが女性はと言うと、どの女性誌を見ても「美人顔になる秘訣」「モテ顔の作り方」など、やはり「顔」にプライオリティが高く設定されているようにも感じます。実際女性は顔なのか? 街の年配男性に聞いてみました。

◆性格もいい子はひと握り……

「顔じゃないのかなって、年齢を重ねてなんとなく分かってきた気がします。カワイイ子っていっぱいいるじゃないですか(笑)。それは海とかでのシチュエーションでもそう見えるし。正直、僕は職業柄、綺麗な子っていっぱい身近にいるんですよ。でもその中で性格もイイ子はひと握りですね(苦笑)。やっぱり性格の裏表があるとバレちゃうので、可愛くても謙虚で裏表ない子は人気がありますね。あとやっぱり明るい子は良いです!」(48歳/男性/銀座クラブ店長)

◆顔より、髪の艶!?

「そうですね、やっぱり経験とか内面とか、髪の艶なんかも大切なんじゃないでしょうか! やっぱり経験とか、そこに出ますからね。髪の艶があるほうが余裕があるというか、話し方とか包容力とか。そういうところでしょうね(笑)。歳を取れば取るほど自分の内面も分かるし、その人と合うとか合わないとかが重要ですよね」(53歳/男性/IT系)

◆アンテナを張っている人が魅力的

「顔はある程度の年齢になっちゃうと、全然気にならなくなるんじゃないかな。話してて、会話が楽しいこと、この人頭良いなって思えることが大事ですね。頭良いっていうのは、お勉強ができるってことではなくて、回転が速いというか、気配りしてるなって思えるところですかね。例えば本を読んだとか、映画を観たとか、そういうところで話を振ったときに、深く返してくれるとすごいなって思うし。それは、見た目ってことよりも内面を磨いて、いろんなところにアンテナを張ってる訳だから。そういう人って魅力が出て来るんじゃないかなって思いますね」(54歳/男性/広告代理店)

同じ質問を、女性にも聞いてみました。

1/2ページ

最終更新:9/11(水) 19:11
TOKYO FM+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事