ここから本文です

和信産業、新和に最新鋭ベンダー 金型自動交換

9/11(水) 11:25配信

日刊産業新聞

 薄板・厚板の加工販売を行う和信産業の子会社で、板金加工業の新和(本社=千葉県印西市、遠藤重裕社長)は全自動金型交換装置搭載の最新鋭ベンダーを導入し、先月から稼働を開始した。昨年のファイバーレーザー複合機導入で、切断や穴あけなど一次加工の生産性が高まったことを受け、次工程の折り曲げ加工についても能力増強を図った。金型交換の自動化により、生産性は従来機に比べ、3倍以上向上。従業員の負担軽減にも寄与している。

最終更新:9/11(水) 11:25
日刊産業新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事