ここから本文です

温泉入って交通事故にあいま泉/埼玉県

9/11(水) 18:38配信

テレ玉

温泉入って交通事故にあいま「泉」

9月16日の「敬老の日」を前に、草加警察署は市内の温泉施設を訪れた高齢者や利用客の持ち物に事故防止の「反射材」を直接取り付けるキャンペーンを行いました。

11日は、草加警察署の署員が温泉施設の利用客に交通事故防止に向けた注意を呼びかけ、同意を得た後、直接、持ち物に反射材を取り付けていきました。

そして、反射材を取り付け終わるともう一つプレゼントが。水にぬらすと「反射材着用で交通事故防止!」と文字が浮かび上がるタオルです。この温泉施設でも利用することができます。県警によりますと、ことし1月から8月までの草加警察署管内での死亡交通事故は7件で、うち6件が65歳以上の高齢者で、県内ワースト1位となっています。

テレ玉

最終更新:9/11(水) 18:38
テレ玉

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事