ここから本文です

全米OP優勝後、19歳アンドレースクはメディア対応に追われる<女子テニス>

9/11(水) 18:14配信

tennis365.net

ビアンカ・アンドレースク

女子テニス協会のWTAは10日に公式サイトで、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)を制した19歳のB・アンドレースク(カナダ)を特集した。

【アンドレースク 世界ランク5位へ】

9日にアンドレースクはジミー・ファロンが司会を務めるザ・トゥナイト・ショーへ出演するなど、慌ただしいメディアの対応が続いた。

10代で四大大会初優勝を飾ったアンドレースクはファロンの番組に出演する前、すでにグッドモーニング・アメリカや、ライブ・ウィズ・ケリー・アンド・ライアン、ザ・トゥデイ・ショー、そしてザ・ヴューにも出演していた。

カナダのスーパースターとなったアンドレースクは「シャナイア・トゥエイン、トルドー首相、ジョン・トリー、スティーブ・ナッシュ、ザ・ラプターズ、ザ・リーフスから連絡をもらった」と明かした。

また、全米オープン4回戦でT・タウンセンド(アメリカ)と対戦した際について「手から滑ってラケットが飛んでいってしまった。今夜は誰もけがをさせない、それは約束する」と笑いを誘った。

今後、アンドレースクは武漢オープン(中国/武漢、ハード、WTAプレミア5)に出場を予定している。

最終更新:9/11(水) 18:14
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事