ここから本文です

清水達也、榊原翼ら過去5年間で23名 高卒でプロ志望届を提出した埼玉出身の高校球児

9/11(水) 19:29配信

高校野球ドットコム

 10月17日に開催されるプロ野球のドラフト会議。毎年新たなスター候補を生み出すプロ野球界の一大イベントを前に、過去にプロ野球に志望届を出した高校生たちをピックアップ。今回は2014年から2018年の5年間で埼玉の高校から出した選手たちをまとめた。

【写真】貴重な太田賢吾の高校時代

 全国でも有名な強豪校が複数ある埼玉県。最近では2013年に浦和学院がセンバツ優勝、2017年に花咲徳栄が選手権優勝と、安定して上位に進出する。

 そんな埼玉県の高卒でのプロ志望者は、花咲徳栄、埼玉栄、浦和学院など強豪校の出身者が多い。また、毎年複数人の逸材がプロ志望届を出しているのも特徴だ。

 特に、花咲徳栄は2015年から2018年の4年間、毎年ドラフト候補を育てては高卒でプロに送り込んでいる。今年もU18にも選ばれた韮沢 雄也選手というドラフト候補がいる。プロ志望が有力と見られていて、今後の埼玉の高校野球もますます盛り上がっていきそうだ。

 【プロ志望選手・埼玉編】

<2014年>
佐藤 悠斗(浦和商)
菅原 篤人(南稜-現・福岡ソフトバンクホークス)
堀内 汰門(山村国際)
井出 修平(鴻巣)
太田 賢吾(川越工-現・東京ヤクルトスワローズ)
<2015年>
上野 龍一 (志木)
大瀧 愛斗(花咲徳栄-現・埼玉西武ライオンズ)
清水 陸(飯能南)
<2016年>
山口 萌那(浦和商)
榊原 翼 (浦和学院-現・オリックス・バファローズ)
星野 裕帆 (川越東)
高橋 昂也(花咲徳栄-現・広島東洋カープ)
岡崎 大輔(花咲徳栄-現・オリックス・バファローズ)
中島 春幸(越生)
早野 貴之(越生)
<2017年>
戸石 大樹 (埼玉栄)
清水 達也 (花咲徳栄-現・中日ドラゴンズ)
綱脇 慧 (花咲徳栄)
西川 愛也(花咲徳栄-現・埼玉西武ライオンズ)
<2018年>
野村 佑希(花咲徳栄-現・北海道日本ハムファイターズ)
米倉 貫太(埼玉栄)
松岡 洸希 (桶川西)
渡邉 勇太朗(浦和学院-現・埼玉西武ライオンズ)

最終更新:9/11(水) 19:29
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事