ここから本文です

常時表示画面のApple Watch Series 5発表。ウワサのセラミックとチタンケースモデルも

9/11(水) 2:55配信

Engadget 日本版

アップルの新製品発表イベントより。新製品群の一つは、やはりApple Watch Series 5でした。米国での価格は399ドルから、出荷は9月20日から。

ギャラリー: Apple Watch Series 5 | 25 枚の写真

最大の特徴は、兼ねてからユーザーからの要望が高かった常時表示画面を実現した『Always-on Retina Display』を採用する点。加えてバッテリー駆動時間のさらなる延長もアピールします。
Apple Watch Series 5

外装には、以前より噂のあったセラミックとチタン素材のモデルも加わります。

Always-on Retina Displayのメリットは「触らずとも、常に文字盤が表示されている」と状態が実現できる点。これにより、いわゆる「時計の代替として使える」モデルとなりました。

この実現に大きく貢献しているのは、低消費電力化を達成する新技術、『Low Temperature Polycrystalline Oxide』(LTPO)技術によって製造された液晶によるもの。

LTPOベースの液晶自体はSeries 4でも採用されていましたが、Series 5ではこれを駆動するドライバー回路や、電力管理ユニットのさらなる改良、非アクティブ時のリフレッシュレート低減(液晶の書き換え回数を減少させることによる省電力化)など、Series 4以上の消費電力低減技術が導入されています。

橋本 新義(Shingi Hashimoto)

最終更新:9/11(水) 4:21
Engadget 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事