ここから本文です

深谷市“田んぼアート”撮影会/埼玉県

9/11(水) 18:39配信

テレ玉

深谷市の小学生が手がけた「田んぼアート」が見ごろを迎え、11日、撮影会が行われました。

田んぼアートに取り組んだのは、深谷市立川本南小学校5年生の児童19人です。この「田んぼアート」は、米作りを通し、食の大切さやふるさとへの思いを深めてほしいと10年前から行われていて、児童たちは種まきから収穫までおよそ1年かけて取り組んでいます。

ことしの絵柄は深谷市のキャラクター「ふっかちゃん」11日は、「ふっかちゃん」も駆けつけ、撮影会が行われました。

ことしは、台風の影響で一部の稲が倒れてしまいましたが、地元の人がけさから立て直し、およそ10アールの田んぼにふっかちゃんと「令和」の文字が浮かび上がりました。

10月3日には稲刈りが行われ、収穫された米は12月に児童に振る舞われるほか、東日本大震災で大きな被害を受けた市の友好都市岩手県田野畑村の小学校へ届けられるということです。

テレ玉

最終更新:9/11(水) 18:39
テレ玉

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事