ここから本文です

ポケモンGO、水曜18時からデオキシス伝説レイドアワー。弱点・対策は4フォルム共通

9/11(水) 15:25配信

Engadget 日本版

ポケモンGOでは2019年9月11日18時から19時まで、幻のポケモン『デオキシス』が大量出現する伝説レイドアワーを実施します。

大人のポケモンずかん

デオキシスの伝説レイド出現は来週月曜までの一週間だけ。しかも4フォルムが別種扱いで存在するため、レイドアワーはまだ持っていない形態を捕らえる大きなチャンスです。

幻のポケモン『デオキシス』は、ポケモンGOでは2018年秋に招待制のEXレイド限定ボスとして初登場。

ながらくEXレイド限定でしたが、2019年9月10日から16日の一週間のみ、9月の「ウルトラボーナス」の一部として、通常の伝説レイドボスとして戦えます。

もともと一週間しかないうえに、ポケモンGOのデオキシスは「ディフェンス・ノーマル・アタック・スピード」の4フォルムが別のポケモン扱いのため、図鑑で各フォルムを埋めるならば、各一回少なくとも計4回は勝利する必要があります。

デオキシスの弱点・対策

4フォルムそれぞれに能力値やわざは異なるものの、タイプは共通の「エスパー」。なので

弱点:「ゴースト・むし・あく」(約1.6倍ダメージ)
耐性:「かくとう・エスパー」(約0.6倍ダメージ)

対策は弱点を突けて攻撃力が高く、わざに恵まれたポケモン。すなわちいつもの「ゴースト・あく」アタッカーであるギラティナ(オリジンフォルム)、マニューラ、バンギラス(かみつく・かみくだく)、ゲンガー、ミュウツーなど。

このほかドンカラス、アブソル、ジュペッタ、むしならカイロス、ハッサムなども候補に入ります。

水曜18時から19時のレイドアワーでは原則すべてのレイドボスがデオキシスになりますが、それ以外の時間、今週はデオキシス対策として有効なポケモンが各難度のレイドボスとして出現中です。

最終更新:9/11(水) 15:25
Engadget 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事