ここから本文です

フェラーリ「812GTS」発表 800馬力のV12をフロント搭載したスパイダーモデル

9/11(水) 15:00配信

くるまのニュース

フロントにV型12気筒エンジンを搭載したスパイダー

 フェラーリは2019年9月9日、V型12気筒エンジン搭載のスパイダーモデル「812GTS」を発表しました。

800馬力のV12エンジン搭載 フェラーリ「812GTS」を画像で見る(7枚)

 フェラーリの歴史上、フロントにマウントされたV型12気筒エンジンを持つスパイダーモデルの歴史は1948年の「166MM」から始まりました。このモデルは1949年に耐久レースのミッレ・ミリアとル・マン24時間に勝利しました。

 その長く続く系譜の最後のモデルは、1969年の「365GTS4」です。その後、2000年に発売された「550バルケッタ ピニンファリーナ」、2005年の「スーパーアメリカ」、2010年の「SAアペルタ」、2014年の「F60アメリカ」と限定エディションは発売されましたが、カタログモデルとしては365GTS4以来、50年ぶりのV型12気筒エンジン搭載スパイダーモデルとなります。

 45km/h以内の速度であれば、走行中でもRHTを開閉することが可能で、その時間はわずか14秒といいます。ウインドストッパーとして機能する電動リアスクリーンは、トップダウンすると立ち上がり快適性に貢献、トップアップすると下がって開き、ドライバーがV12エンジンのサウンドを堪能することができます。

 搭載されるエンジンは、800馬力/718Nmを発生する6.5リッター自然吸気V型12気筒エンジン。7速デュアルクラッチトランスミッションと組み合わされ、0ー100km/h加速は3秒未満、0-200km/hは8.3秒、最高速度は340km/hと、「ベルリネッタ」に近いパフォーマンスを誇ります。

 ボディサイズは全長4693mm×全幅1971mm×全高1278mm。ホイールベースは2720mmです。

くるまのニュース編集部

最終更新:9/13(金) 13:11
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事