ここから本文です

ピニンファリーナ 新たな電気自動車用プラットフォームをボッシュ等と共同開発

9/11(水) 11:50配信

AUTOCAR JAPAN

高性能電動プラットフォームを共同開発

アウトモビリ・ピニンファリーナは、技術関連の大企業であるボッシュと、自動車部品会社のベントラーと共同で、新たな高級車用の高性能電動プラットフォームを開発すると発表した。

【写真】アウトモビリ・ピニンファリーナ (36枚)

同社は現在、最初の製品となる1900psの電動ハイパーカー、バッティスタを開発中だ。2020年に発売予定の同車は、リマックC_Twoと基本技術を共有している。だが、ピニンファリーナはさらに幅広い電気自動車のラインナップを以前から計画していた。2026~27年には3~4車種のモデルを揃えたいとしている。

現在開催中のフランクフルト・モーターショーで、共同開発することが発表された新型プラットフォームは、将来のアウトモビリ・ピニンファリーナのラインナップを支えることになる。その最初のモデルとして、まずはPURA Visionと名付けられたコンセプトをベースにした高級SUVを、2020年に発表する計画だ。

他の自動車会社にも供給

アウトモビリ・ピニンファリーナは、3社が新型プラットフォームのコンセプトを固めるために、「市場の可能性を調査」すると述べている。そして「市場の全セグメントで電動モビリティの採用を促進させるため」、この新プラットフォームを他社にも供給すると付け加えた。

同社のミハエル・ペルシュケCEOは、アストン マーティンやマセラティなどの高級ブランドが、パートナーとなる可能性があると語ったが、現時点ではまだどの自動車会社とも話し合いを持っていないことを認めた。

同CEOは、自動車メーカーにとってこのようなパートナーシップは重要だと語っている。電気自動車用アーキテクチャを新規開発するためには10億ユーロ(約1188億円)以上のコストが掛かり、そのための投資が可能な財務状況にある自動車会社はほんの数社しかないからだ。ボッシュとベントラーが関わることで、この新アーキテクチャは「業界の標準」になるだろうと、ペルシュケはアピールした。

「問題はパートナーを見つけられるかどうかではなく、どこと、いつ組むかということです」と、ペルシュケは語る。電気自動車用プラットフォームを共同で開発することは、高級車メーカーにとって魅力であり必要なことであると、同CEOは言う。

「多くの企業を歓迎します。10億ユーロも投資できる会社がどれだけありますか? ライバル関係にあるBMWとダイムラーでさえ、今や自動運転技術を共同で開発している時代です」

「自分自身で飛び込むよりも、リスクは共有した方が得策です」

新規開発したプラットフォームを他社に提供するという考え方は、既にフォルクスワーゲンが実行に移している。フォードはフォルクスワーゲン・グループのシャシーを使ってクルマを開発する契約を結んでいる。

1/2ページ

最終更新:9/11(水) 11:50
AUTOCAR JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事