ここから本文です

「ジャガーは今後もサルーンを作り続ける」新デザイン責任者が語る

9/11(水) 16:10配信

AUTOCAR JAPAN

劇的に生まれ変わるXJ

新たにジャガーのデザイン部門を率いることになったジュリアン・トムソンは、同社がSUVばかりではなく、引き続きスポーツカーやサルーンを作ることにも尽力しているという。

【写真】将来と現在のジャガー (43枚)

最近イアン・カラムの後を継いだトムソンは、ジャガーが「SUVに専念することはありません。将来も乗用車を作り続けます」と、フランクフルト・モーターショーの会場でAUTOCARに語った。ここ数年、ジャガーは販売好調なSUVに多額の投資を行ってきた。その一方で、サルーンは販売面で苦戦を続けている。

「乗用車(SUV以外のモデル)は当社にとって重要なマーケットです」と、トムソンは語る。「ジャガーは現在、優れたSUVを多くショールームに取り揃えていますが、異なるパワートレインとボディスタイルも選べるようにして、すべてのお客様を満足させる必要があります」

ジャガーは近々、XJをより劇的な電動サルーンに生まれ変わらせる予定だ。このクルマは2020年末までに発表され、それから間もなく量産が始まることになっている。フランクフルト・モーターショーのプレス・カンファレンスでは、そのティーザー画像が公開された。

XFとFタイプは近々マイナーチェンジ

トムソンは、保守的な顧客や社用車として購入されることが多い現行のXEとXFでさえも、劇的に刷新される可能性があると語る。

「そのような市場で成功を収めているモデルを刷新することは、確かにより困難な挑戦となります。しかし、ジャガーは新しく変わらなければなりません」と、トムソンは言う。「世界中のあらゆる人がSUVを欲しがっているわけではありません。乗用車も必要になるはずです。わたしはそう信じています」

とはいえ、XEやXFの後継モデルが数年以内に登場する予定はない。XFには、最近XEに施されたようなマイナーチェンジが近々行われることを、トムソンは認めた。

Fタイプも数ヶ月以内に改良を受ける見込みだ。トムソンは、このクルマが次世代にも継続することを請け負った。

「スポーツカーもなくすべきではありません」と、トムソンは語る。「(スポーツカーは)プレミアム・ブランドにとって旗印的な存在であり、今後も多くの人々の夢であり続けるでしょう。電動化されるかどうかはともかくとして」

AUTOCAR JAPAN

最終更新:9/11(水) 16:10
AUTOCAR JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事