ここから本文です

ランボルギーニ初のハイブリッド シアンFKP37 819ps 限定63台完売済み

9/11(水) 16:50配信

AUTOCAR JAPAN

V12NAにモーターを組み合わせ

ランボルギーニ初のハイブリッドであり、同社史上最もパワフルかつ加速性能に優れたモデルであるシアンが公開された。フランクフルト・モーターショーでデビューを飾ったシアンは、ブランドの象徴でもあるV12の将来を示すモデルともいえる。

【写真】ランボルギーニ・シアンFKP37 (29枚)

このモデルの初公開に合わせ、ランボルギーニはシアンFKP37を昨年亡くなったフェルディナント・ピエヒへのはなむけとして生産すると発表した。1937年生まれのピエヒは、1998年にランボルギーニをVWグループ傘下に収めることに尽力し、ムルシエラゴの発売につなげていた。

ランボルギーニのステファノ・ドメニカリCEOは、「ピエヒ博士はランボルギーニのブランドとしての魅力や実力を理解し、そのアイデンティティやデザインなどのDNAを残しながらフォルクスワーゲン・グループに取り込むことに成功しました」と語った。

「ピエヒ博士はエンジニアでありながらイノベイターであり、ランボルギーニの象徴であるV12パワートレインの魅力を引き立ててきました。今回シアンFKP37ではそれをハイブリッド技術と組み合わせています」

総合出力819ps 0-100km/h2.8秒以下

アヴェンタドールSVJに搭載された6.5LのV12自然吸気エンジンが785ps、107kg-mにまで引き上げられて使用されている。これが34psの48V電動モーターと組み合わされることにより、総合出力は819psだ。ランボルギーニによれば、低電圧のハイブリッドシステムとしては初めてモーターがギアボックスに組み込まれ、低速での後退時や駐車場などでの走行に使われるという。一方でV12のサウンドは引き継がれた。

これにより今までのモデルよりも加速はさらに向上し、0-100km/h加速は2.8秒以下となり、最高速度もSVJの349km/hを上回るものになるという。その電力は従来型のリチウムイオンバッテリーではなく、それよりも1セルのエネルギーが3倍大きく、重量は3分の1というスーパーキャパシタに蓄えられる。これらのデバイスは重量配分の適正化のためエンジン前方に搭載されている。

回生ブレーキシステムも自社製で、減速時にはスーパーキャパシタにエネルギーを送ることができる。このエネルギーは130km/h以下での加速時に使用されるとのことだ。

電動モーターの採用はスムーズな加速曲線の実現にも貢献している。ギアチェンジの際の失速を抑制し、70-120km/h加速はSVJよりも1.2秒短縮された。低速域でのトラクションも向上し、このシステム無しの車両と比べ10%速いとのことだ。

ランボルギーニのチーフ・テクニカル・オフィサーであるマウリジオ・レギアーニによれば「このクルマはわれわれの電動化への第一歩として、ランボルギーニのスーパースポーツに最適なハイブリッドのソリューションをもたらします」と語る。

1/2ページ

最終更新:9/11(水) 16:50
AUTOCAR JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事