ここから本文です

オリは増井不調、松井が自己最多セーブの楽天は安定…パ救援陣を成績で振り返る

9/11(水) 11:52配信

Full-Count

リーグトップの救援陣はどのチーム? 投手の分業化進むパ・リーグ

 ペナントレース終盤、今季はここまでパの規定投球回数以上の投手がわずか4人と、投手の分業がさらに進んだ。救援投手の重要性がより増したともいえるだろう。各球団の救援投手事情について見ていこう。

【動画】パのシーズン登板記録も 西武のセットアッパー・平井の魅力 豊田清氏が解説

パ・リーグ 各チームの主要な救援投手の成績

○西武
増田達至 58登3勝1敗26セーブ7ホールド 63回1/3 防1.56
ヒース 32登1勝3敗2セーブ7ホールド 29回1/3 防3.99
小川龍也 47登4勝1敗1セーブ13ホールド 34回1/3 防2.88
マーティン 40登2勝5敗1セーブ10ホールド 40回2/3 防3.76
平井克典 72登5勝2敗0セーブ31ホールド 75回1/3 防2.75
佐野泰雄 41登2勝2敗0セーブ1ホールド 64回1/3 防4.06

 昨年不振だった増田が復活し、信頼感あるクローザーになった。しかし、セットアッパーは平井に負担が集中している。

○ソフトバンク
森唯斗 48登2勝3敗30セーブ6ホールド 46回2/3 防2.31
甲斐野央 57登2勝4敗8セーブ24ホールド 53回1/3 防3.04
モイネロ 52登2勝1敗4セーブ30ホールド 50回1/3 防1.61
嘉弥真新也 47登0勝2敗1セーブ17ホールド 26回 防3.12
高橋純平 38登3勝2敗0セーブ12ホールド 44回1/3 防2.44
松田遼馬 47登2勝4敗0セーブ5ホールド 47回1/3 防3.61

 森が一時戦線離脱、新人の甲斐野がクローザーに抜擢された。セットアッパー陣は枚数も多く、分厚い救援陣だった。

○日本ハム
秋吉亮 49登0勝4敗22セーブ7ホールド 48回1/3 防2.61
石川直也 53登3勝2敗5セーブ19ホールド 48回 防3.56
ハンコック 8登0勝1敗2セーブ2ホールド 7回 防9.00
公文克彦 56登2勝0敗1セーブ15ホールド 47回2/3 防4.34
堀瑞輝 49登3勝3敗1セーブ5ホールド 57回 防5.21
井口和朋 32登1勝0敗1セーブ7ホールド 32回 防2.53
ロドリゲス 32登6勝6敗1セーブ8 ホールド 84回1/3 防3.31
玉井大翔 57登2勝3敗0セーブ9ホールド 55回1/3 防2.44
宮西尚生 52登1勝2敗0セーブ40ホールド 44回2/3 防1.81

 ヤクルトから移籍した秋吉をクローザーに起用。セットアッパー陣は好不調の差が大きく、不安定だった。

1/2ページ

最終更新:9/11(水) 11:52
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事