ここから本文です

久万高原町で黄金色のトノサマガエル

9/11(水) 17:16配信

愛媛新聞ONLINE

 黄金の殿様現る―。愛媛県久万高原町若山の面河山岳博物館で、体が金色のトノサマガエルが展示され、高く飛び回る愛らしい姿を見せている。専門家によると、生まれつき色素が欠乏したアルビノとみられる。カエルの生息が多く、アマガエルのアルビノが見つかった例のある町内でも、トノサマガエルの白化個体は珍しいという。

愛媛新聞社

最終更新:9/11(水) 19:20
愛媛新聞ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事