ここから本文です

バルサ副会長が戸惑い「なぜかメッシがいない」

9/11(水) 21:35配信

ゲキサカ

 バルセロナは11日、同日に行われた『カタルーニャの日』の行事に参加した。だが、そこにFWリオネル・メッシの姿がなかったようだ。スペイン『エル・エスパニョール』など複数メディアが報じている。

 毎年9月11日の『カタルーニャの日』は、バルセロナを含むカタルーニャ州の祝日。恒例行事として記念碑への献花や、カタルーニャの分離独立を求める人々による大規模なデモ行進などが行われる。

 同紙によると、バルセロナの選手やスタッフもこの献花のイベントに参加した。しかし、記念碑に花を捧げた後にインタビューに応じたバルセロナのジョルディ・カルドネル副会長は「なぜメッシが来ていないのか分からない。(ジェラール・)ピケや他の選手は来ているのだが」と、エースの“無断欠席”を驚いた様子で明かしたという。

 メッシは先月5日の練習中に右足ふくらはぎを痛め、今季はここまで公式戦の出場がない。同紙の別の記事によれば、14日のリーガ・エスパニョーラ第4節バレンシア戦も欠場が濃厚となっている。

最終更新:9/11(水) 23:19
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事