ここから本文です

香港取引所がロンドン証取に買収提案、総額3.9兆円規模

9/11(水) 18:21配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 香港取引所はロンドン証券取引所グループ(LSE)対し買収提案を行った。提示額はLSEを296億ポンド(約3兆9400億円)と評価する水準だ。

11日の発表によると、香港取引所の取締役会はロンドン証取との統合を「世界的な市場インフラの先頭に立つ存在になれる極めて抗し難い戦略的機会」だと考えていると説明。LSE株1株に対し、現金2045ペンスと香港取引所の新株2.495株を提案した。

これはLSE株を1株当たり8361ペンスと評価し、10日終値の6804ペンスに22.9%上乗せしたことになる。

11日のロンドン株式市場で、LSE株は一時16.4%高となった。現地時間午前10時54分現在は6.2%高。

LSEの取締役会は香港取引所が一方的かつ予備的、「非常に多くの条件が付いた」全株取得の提案を行ってきたことを確認し、提案を検討し追って対応を発表するとコメントした。LSEは金融データと取引プラットフォームを提供するリフィニティブを買収する合意を8月1日に発表している。同社はこの買収に「引き続きコミットしており計画は順調に進展している」とも説明した。

原題:Hong Kong Exchanges and Clearing Proposes to Combine With LSE(抜粋)Hong Kong Exchange Makes Surprise $36.6 Billion Bid for LSE (2)、LSE to Consider HKEX Offer; Remains Committed to Refinitiv Bid

(c)2019 Bloomberg L.P.

Colin Keatinge

最終更新:9/11(水) 21:08
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事