ここから本文です

福岡小6年生町流し練習 つくりもんまつりで披露

9/12(木) 0:37配信

北日本新聞

 23、24の両日に高岡市福岡地域で開かれる「福岡町つくりもんまつり」(北日本新聞社共催)の最終日に行われる町流しの練習会が11日、福岡小学校体育館であり、同校の6年生87人が踊りに磨きを掛けた。 (西部本社・平瀬志保)

 講師を務めた福岡町民謡民舞普及会の藤間舞寿さんら3人が壇上に立ち、「福岡つくりもん囃子(ばやし)」の手本を披露。藤間さんは「目線を上げる」「指先をそろえる」「肘をしっかり上げる」などとアドバイスした。

 児童らはうちわを持ち、基本動作を確認した後、輪になって通し練習を行った。4年生から練習している「越中菅笠(すげがさ)音頭」の振り付けも確かめた。佐藤紗来さんは「本番で間違えないように、振り付けをしっかり覚えたい」と話した。練習会は17日にも行われる。

最終更新:9/12(木) 0:37
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事