ここから本文です

奈良県コンベンションセンターに「蔦屋書店」 2020年春開業予定

9/12(木) 2:46配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 関西TSUTAYA(大阪府吹田市)とプレシード・パートナーズ(東京都目黒区)は、2020年春に開業する「奈良県コンベンションセンター」(奈良市三条大路1)の一部として「奈良 蔦屋書店」を開業する。(奈良経済新聞)

 奈良県コンベンションセンターは、県の「大宮通り新ホテル・交流拠点事業」における県最大の会議場・観光交流拠点。
 
 同店は「文化に囲まれ、好奇心の扉を開く場」をコンセプトとし、県の観光や地元の名産品をはじめ、奈良ならではの本や雑貨を提案する。併せて、地域最大級の席数となる「BOOK & CAFE」を通じて、地域コミュニティーの拠点と国内外から訪れる観光客がくつろげる空間を目指すという。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9/12(木) 10:57
みんなの経済新聞ネットワーク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事