ここから本文です

ソフトバンクはパ・リーグ8度目のレアケースになるのか【タカ番記者の好球筆打】

9/12(木) 9:36配信 有料

西日本スポーツ

西武に敗れて2位に転落、肩を落とす工藤監督(奥)らソフトバンクナイン

 ◆西武4―1ソフトバンク(11日・メットライフドーム)

 さすがだ。その表現しか思いつかない。そして、やっぱり数字はうそをつかない。パ・リーグに6人しかいない3割打者。そのトップを快走する森に、さすがの力を見せつけられた。結果的に決勝打となった、3回の先制適時二塁打だ。

 勝負を決めたあの一打は、痛打を浴びた先発高橋礼を責めることなどできるわけがない。コースは少し甘かったが、低めのボールから入る慎重さだった。それを打たれたのだから、ある意味仕方がない。 本文:1,111文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

西日本スポーツ

最終更新:9/12(木) 9:36
西日本スポーツ

おすすめの有料記事

もっと見る