ここから本文です

メルセデス、フォーミュラE参戦体制を発表。バンドーン&デ・フリーズの強力ラインアップ

9/12(木) 9:38配信

motorsport.com 日本版

 メルセデスは、2019年のフランクフルトモーターショーで、フォーミュラEデビューとなる2019-2020年シーズンに走らせるマシン”Silver Arrow 01”を発表した。

【フォトギャラリー】メルセデスのフォーミュラEマシン”Silver Arrow 01”

 2011から2015年にわたってメルセデス・パイパフォーマンス・パワートレインのプログラムマネジメント責任者を務めてきたイアン・ジェームズが、チーム代表を務めることも併せて発表。ジェームズはメルセデス・ベンツ・フォーミュラE Ltd.のマネージングディレクターも兼務し、同社CEOにはメルセデスF1チームの代表でもあるトト・ウルフが就任した。

 このメルセデスのチームは、昨シーズンにベンチュリのカスタマーチームとしてフォーミュラEデビューを果たしたHWAのエントリーを引き継ぐ。このHWAは、メルセデスのフォーミュラEチームのオペレーションを引き続き務めることになるようだ。また、メルセデスF1チームもその活動をサポートする。

 ドライバーとして起用されたのは、ストフェル・バンドーンとニック・デ・フリーズである。

 バンドーンは昨年HWAのマシンを走らせた経験を手に、正式にメルセデスのドライバーになった。

「正式にメルセデスファミリーの一員になれたことを、非常に喜んでいる」

 バンドーンはそう語った。

「僕は今年、F1チームのためのシミュレータ作業も担当した。しかし間違いなく、今ではフォーミュラEの公式ドライバーとなった。とてもエキサイティングだと思う」

 またバンドーンのチームメイトを務めるのは、今季のFIA F2でポイントリーダーとなっているデ・フリーズだ。デ・フリーズは、F2のシーズンが終わる前に、フォーミュラEのシーズンをスタートさせることになる。

「僕はまだF2のシーズンを戦っている。そしてフォーミュラEは、F2のシーズンが終わる前に実際に始まる。ちょっと珍しいことだし、様々集中しなきゃいけないことがある」

「でも素晴らしいチャンスだ。こういう機会をメルセデスが与えてくれ、とても感謝している」

 なおバンドーンと共にHWAのドライバーとしてフォーミュラEを戦ったゲイリー・パフェットが、スポーティング&ドライバーアドバイザーを務めていくという。

Alex Kalinauckas

最終更新:9/12(木) 9:38
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事